超文系主婦の家計管理始めました

40すぎて、ようやくお金と向き合おうと決意。お金の不安とココロのモヤモヤを少しずつ取り除きたいです。

家計簿は基本中の基本?

 雑誌の節約特集を見ても、家計管理の本を読んでも、必ず登場するのが「家計簿」。
 この「家計簿」、私は、ここ十数年間、ずーっとつけ続けております。
 フォーマットは、オット作成のエクセルファイル。
 これに、オットと私がそれぞれ使った分を入手する方式です。
 お互いが監視役になるので、挫折することなく続いています。
 
 だったら、家計管理は完璧なんじゃないの?
 
 皆さん、そう思われるでしょ?
 ところが、そうは問屋がなんとやら。
 
 記録することは、手段であって、目的ではないのです。家計簿の目的は、現状把握を把握すること。
 そして、それを元にして、お金の使い方を考えること。
 
 私には、その目的意識がポッカリと欠落していました。
 ただ漠然と数字を記録しても、それはただの数字でしかないわけで。
 
 今までつけてきた家計簿を無駄にしないためにも、これからきちんとお金に向き合っていきたいと思います!
今からでも遅くはない、、、はず。きっとたぶん。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村