読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超文系主婦の家計管理始めました

40すぎて、ようやくお金と向き合おうと決意。お金の不安とココロのモヤモヤを少しずつ取り除きたいです。

ムスメの初めての買い物

初めてのおつかい、ではなく、初めての買い物です。
 
先日、外出先で立ち寄ったお店に、すみっコぐらしのグッズが売ってまして。
 
あ、すみっコぐらしというのは、小学生女子に人気のキャラで、その名のとおりすみっこが大好きというちょっとシュールな設定の、でも見た目はパステルカラーで丸っこくてかわいいやつらのことなんですが。
 
その大好きなすみっコぐらしのグッズ売り場の前から動かないムスメ。
ひとつひとつ手にとっては、眺めています。
欲しいとか、買ってとは言いませんが、欲しいんでしょうねー。
目が爛々としてます。
 
「欲しいの?」と尋ねればやはり「欲しい」との答え。
聞けば消しゴムが欲しいそうで。
ちゃんとMONO消しゴムだし、お値段も120円とたいしたことないのですが、キャラものは学校には持っていかない決まりです。
 
「学校で使わないものは、買ってあげられないなあ。本当に欲しいなら、自分のお年玉で買えば?」
 
うん、わかった!というかと思いきや、ムスメの答えはNO。いわく、
 
「お金が減るのはイヤ」
 
こいつ、、、ケチだぞ!!∑(゚Д゚)
 
「・・・じゃあやめたら?」
「・・・」
 
ムスメ、考えに考えて一言。
 
「お金がなくなったらお母さんがまた足してくれる?」
 
!!!
なんてことを!と一瞬思いましたが、ムスメにとって自分のお金は、年に一度もらえるお年玉だけなのです。
入ってくるあてが年に一度では、迂闊に使えないと考えるのも道理。
 
そこで私も考えました。
「じゃあ、ちょうどいいから今月からお小遣いをはじめよう。やり方は一緒に考えよう」
 
というわけで、ムスメ初めてのお買い物は、すみっコぐらしの消しゴムになったのでした。
いつもなんでも出しっぱなしの彼女ですが、この消しゴムは、ちゃんと片付けているところを見ると、お金や物の大切さを学ぶ価値ある経験になったのではないでしょうか。
 
ちなみに、カバーにちょっと絵が書いてあるだけで中身は、学校で使ってるのと一緒だけどなー、という言葉は、お口の中で噛み噛みしてごっくんしておきましたよ。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村