超文系主婦の家計管理始めました

40すぎて、ようやくお金と向き合おうと決意。お金の不安とココロのモヤモヤを少しずつ取り除きたいです。

日帰り手術にかかったお金

昨年、下肢静脈瘤の日帰り手術を受けました。

初診のとき、手術一ヶ月前、前日、と検査があり、そんなに何回も検査いるんか、ぼったくりちゃうんか、と思ったのは横に置いておいて。

術後の通院も含めて、トータルで10万くらいかかりましたかねぇ。
保険適用外で弾性ストッキングとやらも必要だったし。
交通費とか、帰りの外食代とか、諸々の経費も入れたらもうちょっといってるかな。

でもでも医療保険から日帰り手術給付金が出るもんね!4万円も!
そのための文書料を5千円ぼったくられ支払ったけど、それでも3万5千円もらえるもんね!
それに高額医療費制度もあるから、実質は8万円の負担から3万5千円引いて4万5千円で済むよ!

と思っていたのですが。
実際、保険会社からつつがなく入金もあり、オットも会社から健保組合の給付金明細書を持ち帰ってきたのですが。

あれれれれ?

収支がプラスになっちゃったよ???

どうやら健保組合から予想よりたくさん戻ってきている。
不思議に思って、組合のHPを見てみたら「高額医療費制度」以外に「付加給付制度」というのがありました。
簡単に言うと、レセプト1件につき自己負担額2万円以上は負担しますよーってことでした。
レセプトというのも調べましたら、病院が患者さんごとに月単位で作成するものだそうで。

じゃあ、うっかり月末に手術したら、その後の通院費まるっと損してたってことじゃないですか。
ていうか、医療保険必要?
オットは「もうかったじゃん」て言うけど、儲かってないから。保険料払ってるから。
それにこちとら痛い思いして手術してるから、ぜんぜん嬉しくないから。

なんか・・・保険見なおそうかなぁ。でも、終身保険だし、もう手術しちゃったから、新しく入りなおすの大変そうだなぁ。

というわけで、次回は「保険見直し」編です。たぶん。

あ、この「付加給付制度」はすべての健保組合にあるわけではないようですので、一度加入している健保組合の制度を確認してみるのをオススメします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村