読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超文系主婦の家計管理始めました

40すぎて、ようやくお金と向き合おうと決意。お金の不安とココロのモヤモヤを少しずつ取り除きたいです。

小学生のおこづかい、いくらぐらい?

こども

先日も書きましたが、ムスメにおこづかい制度を導入することになりました。

ponkotwo.hatenablog.com

 現在のムスメのお金スキルはこんな感じ。

・おつかいに行くと、有り金を全部レジに出してお店の人に取ってもらう。
・1,000円と10,000円ではどっちが多いかわからなくなるときがある。
・「はっぴゃくにひゃくじゅうえん」とか「ごひゃくせんえん」とか桁が意味不明。
 そもそも、十進数が崩壊している。

うーん、おこづかい以前の問題山積みだ・・・。
でもまぁ、なにごともやってみなければね。
ということで、話し合いの結果、以下のように決めました。

・毎月1日に、300円渡す。
・自分で決めたお手伝いをやる。サボったら一回につきマイナス10円。
・お小遣い帳を必ずつける。
・おともだちと貸し借りをしない。

あんまりたくさん決めても混乱しそうなので、とりあえずこれだけ。
これで、「欲しいもの」を買ってもらうことにしました(「必要なもの」は親が買います)。

ふふふ、ついに母は「じぶんでかいなさい」という呪文を手に入れましたよ!
これで、外出先での「アイス買って!」「ジュース飲みたい!」攻撃は無効だー!!

先日も箱入りのアイスを買うときに、「私これがいいなあ」と、パフェアイスを持ってきたんですが、
「お母さんは家族みんなで食べれるアイスを買うから、それは自分で買いなさい。
ちなみにそれ、189円だって
「・・・もうちょっと100円玉の数が増えたら買う」

理性が欲求に勝ったのか、それともただのケチかはまだわかりませんが、とりあえずムスメなりに考えている様子なので、しばらくこんな感じでいきましょうか(笑)

ちなみに、アイスを我慢したムスメが今月おこづかいで買ったのは、自宅で使うノート。
今、字を書くことにはまっていて、ノートにひたすらお友達の名前を書き写したり、辞書で引いた漢字を書き写したりして遊んでおります。
なにが楽しいのか不明ですが、完全に文系ですね。
一瞬、デスノートか!?ビビりましたが。

 

参考にした本

12歳までにかならず教えたいお金のこと [ 竹谷希美子 ]

価格:1,404円
(2016/6/25 15:43時点)
感想(4件)


 

www.amazon.co.jp

どちらも良書です。大人も学べます。
この2冊に共通しているのは、「まず大人が見本となること」「ブレないこと」「見守ること」。
子供の性格もあるので、やり方というのは本の通りにはいかないと思うんですが、この3つは心に留めておきたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村