読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超文系主婦の家計管理始めました

40すぎて、ようやくお金と向き合おうと決意。お金の不安とココロのモヤモヤを少しずつ取り除きたいです。

服を買うなら、捨てなさい 読了

書評 持たないくらし

少し前になりますが、これ読みました。

服を買うなら、捨てなさい | 地曳 いく子 | 本-通販 | Amazon.co.jp

捨てなさい捨てなさいなんでもかんでも捨てなさい、というような内容かと思いましたら、実際は「おしゃれを効率よく積極的に楽しむため」を目的に書かれていて、なるほどなぁと唸らされる本です。
著者はスタイリストなのですね、納得。
オススメできる年齢層は30代後半〜かなぁ。
若者は効率や失敗など考えず、とりあえずなんでも着てみたらいいと思うので。
で、以下まとめというか感想。

「買う」前に「捨てる」ことを勧める理由

ダサい服があると、なんとなくダサいと思いつつも着てしまうからねー。
コーディネイトでどうにかなるかもとか思っちゃうし。
でも、だめなものはどうしたってだめなのだ。わかってるのだ、心の底では。
でも「高かった」とか「ものはいいからまだ着れる」とかそんな理由で捨てられない。で、それに合うかも?と思ってまた余計なものを買ってしまう負の連鎖・・・。あるある。
だからまず、クローゼットの中の「負の遺産」を一掃しなければ、先に進まないということです。
ううむ、身につまされる。

「好き」より「似合う」を重視する

そもそもなんでダメなものを買ってしまったかというと、「流行ってた」とか「誰かがこんな感じのを着てて素敵だった」って理由が多そう。

今はデザインから店頭に並ぶまでのスピードが早いから、「これ売れる」ってなるとあっという間にどこの店でも同じような服だらけになって、しょっちゅう見てるうちに「買わな!」ってなってしまうんですよねー。
でも似合うものって限られてますからね。
プロのモデルさんだって、得意ジャンル、不得意ジャンルありますから、そのへんのおばちゃんであるポン子なんか着られる範囲めちゃくちゃ狭いですよ。
ヒルナンデスのコーデ企画とか見て、「なるほど、Gジャンを肩掛けするのか」とか言ってる場合じゃないです。
で、週末にモールとかユニクロとかH&Mに行ってはだめなのだ。
なで肩にGジャンは似合わないし、肩がけは物理的に無理だ!

これは極端な例ですが、こうして流行よりも自分に似合うものを優先していけば、自然と自分のスタイルができあがって、無駄な買い物もなくなるらしいです。
じゃあ自分に似合うものってなんだろう?

自分で考える

重視するべきは、年齢、体型、肌と髪の色、かな。
ポン子の場合は40代、痩せ型で貧弱華奢、身体に厚みがなくて、バストはまぁある方だが、お尻はぺったんこ。肌は地黒で黄色味が強い。
これだけでもだいぶん絞られますね。そこに自分の好みも入ってきますから、相当絞られると思います。
まず、アクセはシルバーより断然ゴールドで華奢なもの。とか。
パステルカラーはダメとか、ペンシルパンツもダメとか。
体型的に男っぽいアイテムは基本難しいみたいなので、ゆるっとしてフワッとしたカンジが向いてるのかなあ。
今年の流行でいうと、ワイドパンツ、プリーツ、パフスリーブはOK、ピンク、キャップ、GジャンはNGでしょう。

年齢の変化に柔軟であれ

これはねー、そうなんですよねー。
同じものがいつまでも似合うわけではないところが難しい。
同じアイテムでもある日突然「あれ?」ってなるんですよ。そしたらもうアウト。
ポン子の場合は、襟ぐりが大きく開いたカットソーね。
だんだん上半身のお肉たちが、下へ下へと民族大移動を始めたらしく、ただでさえ貧相な鎖骨周辺がどうしようもなくなって、あまり襟ぐりの開いたものは着なくなりました。
あと、タートルネック。これは似合うほうだと思うけど、苦しく感じるようになって無理。
おおぶりなアクセとかツインニットとか、これから着られるようになるものあるだろうけど、着られなくなるもののほうが断然多いでしょうね。
だからこそ、若者はなんでも着たいもの着てみたらいいと思うわけです。
足太くてもミニ履けばいいし、ばかみたいな大きいリボンも可愛いから許されますし、ロリータだってパンクだって興味あるなら着たらいいんです。
ムスメにも自由に楽しんでほしいものです。

でも全身水色で統一するのはどうかな・・・とハハはこっそり思っているのですが。

目指すのは1軍だけのクローゼット

言うは易し・・・ですが。道のりは長そうだし、終わりはなさそうですねー。
少なければ少ないほどいいというのではなく、自分にとってベストメンバーが適量揃っているクローゼットを目指していきたいのです。
そのためにはそこそこ情報に触れないといけないし、試着もしないといけないし、なかなか面倒なのですが、そこを放棄してしまうと時が止まってしまうので、負担に思わない範囲で老いらくのおしゃれを楽しんでいきたいです。
そして今日のヒルナンデスのコーデ企画楽しみだなー(←なんだかんだいって大好き)。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 持たない暮らしへ
持たない暮らし